Posts Tagged ‘接客’

よしもとばななさんの「ある居酒屋での不快なできごと」

 最近、ネットの随所でこの記事が元の談論風発が行われていますね。細かな事実関係が不明なので一概に評価できませんが、少なくとも客を叱り飛ばす行為及び客前で店員を叱る行為は下策の評を免れないと思います。※1

 よしもと氏の意見やそれに対する批判などはいろいろありますが、それらの賛否はともかくとして、店を経営する側からすれば、とんでもなく非常識な客が来店することもありえます。このようなケースではどう対処すべきか、普段からよく考えておく必要があるでしょう。

 個人的には、こちらの方の意見に賛同します。 → お客様を見るか、利益を見るか
特に、逆手にとって店のファンをつくってしまうという発想は、非常に重要なことだと思います。どのような出来事・トラブルも、店にとってのチャンスと捉えましょう。奉仕の精神をもってすれば、必ず突破口が見えてくるはずです。

 いずれにせよ、飲食業だけでなく小売業やサービス業の店長の方にとっても、深く考えさせられる議論だと思います。

 参考までに、この話題に関するその他の記事リンクを少しだけ貼っておきます。

居酒屋は何を売っているのか
お前ら全員不愉快だ
日本の居酒屋って元々酒屋だったわけで
特定の客に融通を利かせるべきか否か
大規模チェーンの規則とか空気とか
居酒屋の店長にサービス精神は必須なのか

※1 もちろんこれは、商売繁盛を目指すという前提があっての一般論からの評価であり、人の価値観はそれぞれですから、当該店長等の行為自体の是非を論ずるものではありません。

●知らないと泣きをみるクレジット契約の新ルール

改正割賦販売法が12月に施行されます。

●店員さんが入口まで「見送り」するシステムについて

それぞれのお客に合わせた臨機応変な対応が大事ですね。

●なぜコンビニはおにぎりを100円にするのか?

目玉商品で集客して「ついで買い」を誘うのは日本の小売業の常套戦略ですね。

●「違和感・変換・引き出し」でアイデアが湧いてくる! 今すぐ使える発想法

このような発想法を習慣づけると、個性溢れる魅力的なお店になれると思います。

●「金を払うほうが当然偉い」と、思い込んでいるお客さん

どちらが偉いとかいう問題ではなく、お互いにリスペクトしあう関係が理想ですね。

●地方の飲食店、接客側も客も首都圏を見て勉強せよ!

地方の飲食店だけでなく、首都圏のお店や飲食業以外のお店の方も、よく考えてみましょう。

●人は何にお金を払うか?

他にもありそうですが、少なくともこの5点については、あなたのお客にも当てはめて考えてみましょう。
新しい発想が出てくるかもしれません。

2019年9月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ
テスト
テスト (ログ)